« 7つのフレームワーク力を読んでいます | トップページ | レッツノート使い心地レポート »

2008年6月23日 (月)

勝間和代7つのフレームワーク力を読んだ

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践を読み終わりました。

この本は「レバレッジ・リーディング」が薦めているように、大事なことが書いてあるページの角を折っていくことができませんでした。なぜなら、全部のページの角を折らないといけなくなるからです。すべてのページが、ためになる大事なことです。

感じたことを箇条書きにしてみますと、

  1. この本自体がフレームワーク力を発揮して創られており、感覚的に伝わってきて深く理解できる。
  2. 自分がボヤっと認識していた方法を、はっきりと言語化・体系化して表現してくれているような感じ。
  3. 自分は能力不足だが、このすごい著者のいう通り素直に実践していけば、高い成果を上げていけるような気がする。
  4. これまでの著作「勉強法」「知的生産術」と違い、今回は仕組化,道具より考え方。
  5. 著者はテクニック、ノウハウを惜し気もなく公開・指導しており、Give5乗を実践している。
  6. 本とブログ(ネット)の相乗効果で、売上アップは、今の時代の象徴かも。
  7. すぐににコメントが付くからフィードバックして盛り上がる相乗効果は「ニコ動」と同じか。
  8. 著者自ら積極的にサイン会や雑誌やテレビに出るなど宣伝活動を活発にするのも「額にも身体にも汗して動く」ということなんだ。
  9. 「相手から自分への感謝の表れ」である「お金」をもうけることに、もっともっと固執したい。
  10. 基本テクニックと実践方法を説明してくれているので、どんどん実践していきたい。

こうやって、ブログに書くことも実践です。これからもどんどんやっていきたいと思います。

|

« 7つのフレームワーク力を読んでいます | トップページ | レッツノート使い心地レポート »

3.勉強の基本的なコツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513728/41626461

この記事へのトラックバック一覧です: 勝間和代7つのフレームワーク力を読んだ:

« 7つのフレームワーク力を読んでいます | トップページ | レッツノート使い心地レポート »