« 短答式試験結果通知 | トップページ | 勝間式「利益の方程式」 »

2008年6月13日 (金)

短答合格の先輩にアドヴァンスとサブノートを貰った

先輩が短答式試験に合格したので、短答アドヴァンステキスト(LEC)と短答式サブノート(代々木塾)をくれました。どちらも予備校の講義に使われているテキストで一般にも市販されているもので、弁理士試験受験において有名なテキストですが、私はいままで見たことがありませんでした。もらったのは特許法・実用新案法のものです。なかなか使い込んである感じで、マーカーできれいに塗り分けられた上にポイントには赤のボールペンでラインが引いてあり、細かい書き込みもしてあります。先輩は予備校に通わずに独学で勉強しており、さすが合格する人はやることやってるんだ、と再確認しました。このほかにも、意匠,商標,条約などのBASICテキストもあげるよといってくれましたが、まだとても手に負えませんので、とりあえず上記の2冊にしました。

しかしこのテキストの内容をみると特許・実用新案だけでもものすごい分量で、「こんなのとても覚えられそうにない」と一瞬たじろぎましたが、きちんと体系立てて理解していけばなんとかなるだとろうと自分に言い聞かせています。

どちらかというとLECの短答アドヴァンステキストのほうがよく使い込んであります。テキストの構成をみてみると、各条文ごとに、条文、確認事項(趣旨,内容,意義,ポイントなど)、出題傾向/過去問チェック、基本書チェック(青本,吉藤の記載) の項目が並んでおり、確かにわかりやすいようによくまとまっているようです。

先輩の頑張りと情熱が伝わってくるテキストを前に、気持ちが引き締まる思いです。

みなさんは、何に接したときに気持ちが引き締まりましたか?よろしかったら教えてください。

|

« 短答式試験結果通知 | トップページ | 勝間式「利益の方程式」 »

4.効率10倍インプット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513728/41522332

この記事へのトラックバック一覧です: 短答合格の先輩にアドヴァンスとサブノートを貰った:

« 短答式試験結果通知 | トップページ | 勝間式「利益の方程式」 »