« LEC弁理士Web講座のテキスト届いた | トップページ | お葬式 »

2008年8月18日 (月)

Web講座を1.5倍速で

今月はじめから、弁理士受験のWeb講座を開始していましたが、しばらく、夏休みで子供の勉強をみたり妻の実家に行ったりで、勉強ができていませんでした。まだ入門講座の2回目までしかやっていませんでしたが、そうこうしているうちに、論文基礎力完成講座のテキストが送られてきて、少し、焦りました。これからも毎日勉強できる訳ではないので、追いつくためには、時間がとれる日は、できるだけ進めておく必要があります。

昨日から、特許・実案の講義に入りましたが、通常速度で受講すると、なんだかゆっくりに感じました。今日は会社からの帰宅が遅れ、講義1回分=3時間の勉強時間をとると、睡眠時間を削らないといけなくなりそうだったし、昨日、ゆっくりに感じたので、今日は最初1.2倍速で受講してみました。まだまだ行けそうだったので、思い切って、1.5倍速にしてみました。すると、意外にも1.5倍速でも結構授業にはついていけました。

休み前に、一応講座の音声をダウンロードしていましたので、空き時間にiPodで繰り返し1.5倍速で聞いていました(再生速度の変換は、そのためのフリーソフトをダウンロードして行いました。これも勉強。)。入門講座の初めの2回は全体構造編で、特許から著作権、条約まで、試験範囲全般についての概説なので、それを繰り返し聞いたことで、全体の法体系はよく理解できました。

そのせいで、1.5倍速のスピードになれていたのと、全体の構成が理解できていたことで、今回、1.5倍速にしても、結構ついていけるのではないかと推測しています。

仕事をしながら、1日に3時間の勉強時間を確保するのは難しいので、Web講座の利点を生かし、1.5倍速でいけるところまでいってみようと思います。

|

« LEC弁理士Web講座のテキスト届いた | トップページ | お葬式 »

4.効率10倍インプット」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
最近ブログをみさせていただいています。

自分は19年度の合格者です。
僕も研究開発兼特許担当のような仕事をしているので桃次郎さんと感じは似ているような気がします。

僕は野間勝代さん自体はあまりしらなかったのですが、フォトリーディングを推奨している人ということで
フォトリーリーディングを先に興味をもってしりました。

セミナーにいってみたいなと思っているのですが、
ネットで調べると賛否両論いろいろあるようで迷っています。

著名人では野間勝代さんくらいしか推奨している人を知らずほかにいないかなと思っております。

桃次郎さんはフォトリーディングはどう思われますか?

あと余計なお世話だと思うのですが、
この先の論文答練は通信でなく通学でやられるのをおすすめします。

独学や特殊な勉強法(青本はいらないなど予備校の一部の人はいいますが)は
確かに効果がある部分もありますが、
あまり王道でないです。

自分も独学で二年で受かった人をしっていますが、
一般的な受験生にすべてあてはまると思いませんし、
個人的な勉強方法としてはまず王道な勉強法をしてそれから合わない部分を少しつつ修正していくのがよいと思います。

ちょっと遠回りに見えますがそれで結局自分にたりない所などが見えてきますので。

私自身も2年ちょっとで合格していますがらそれほど長い期間勉強していたわけではありませんが、
近年一発合格がでてきて予備校も
いろいろあおりますが、だいぶ特殊な事例なので最初は基本に忠実にやられてある程度理解できる中級者になってから色々試されるとよいと思います。

ちなみに個人的な意見で中級者とは
4法の短答試験で8割以上は理解して解けるレベルです。

色々余計なこと書きましたが不愉快にさせたようであれば削除してください。

同じような立場にいる方としてがんばってほしくて書いてしまいました。

すいませんでした

投稿: きいく | 2008年8月23日 (土) 12時20分

勝間和代さんでした
失礼しました。

投稿: きいく | 2008年8月24日 (日) 22時15分

きいく さん、

アドバイをいただきどうもありがとうございます。ここ数日ばたばたしていて、お返事が遅くなってすみません。

不愉快なんてとんでもないです。似ている仕事で、弁理士試験に合格された方からご意見をいただき、とても感謝します。

フォトリーディングは、私は役にたつと感じており、いつか受講するつもりです。勝間和代さんの他に、私の仕事に関連する分野の方では、昨年の特許検索競技大会の優勝者の酒井美里さんも推奨されています。特許明細書を早く読むのに役立てているそうです。

「この先の論文答練は通信でなく通学でやられるのをおすすめします。」とのアドバイスありがとうございます。確かにそうかもしれませんね。入門講座にしても、本当は通学でやりたかったのですが、近い教室まで片道2時間もかかるので、通信にしました。論文答練は、何回かは、通学で受講するようにしたいと思っています。

「独学や特殊な勉強法(青本はいらないなど予備校の一部の人はいいますが)は
確かに効果がある部分もありますが、
あまり王道でないです。」
とのご意見、ありがとうございます。私も独学や特殊な方法は、良くないと考えています。
私が受講しているのは、大手の学校の通信講座なので、これは王道だと思っています。私は、独学(講座等を受講せずに自分で参考書などを買ってやる方法)では、とてもやる自身がありませんので、これを選びました。

もしかしたら、きいくさんのご意見を、うまく理解できていないかもしれませんので、ご意見などありましたら、どうぞ遠慮なくコメントなどお願いします。
これからも頑張って勉強していくつもりですので、アドバイス等どうぞよろしくお願いします。

投稿: 桃次郎 | 2008年8月25日 (月) 18時54分

桃次郎さん、はじめまして。なっちと申します。
弁理士試験と予備校のことを調べていて、何度かブログを拝見しています。

わたしは関西の特許事務所に7年間特許技術者として勤めていましたが、結婚して2ヶ月ほど前に埼玉に移ってきました。今は主婦をしながらフリーランスとして引き続き特許の仕事をしています(前の事務所から仕事をもらっています)。

事務所に勤めている間は仕事がそこそこ忙しく、試験を受ける気はあまりなかったのですが、埼玉に移って比較的時間に余裕ができたのと、将来に備えて今のうちに弁理士試験に挑戦しようと考えています。

今から予備校に通うとなると秋からのコースになるんですが、短答試験に特化したコースでもかなりハイペースで講義があって、体力が続くかどうか確信できず迷っていました。でも、子供ができるまでが勉強のチャンスと思い、通学でLECかWセミナーに行こうと思っています。同じ短答コースだとWの方が講義の回数が少ないので通学がラクかなあと思う一方、内容が十分なのかが不安です。

ほとんど自己紹介になってしまいましたが、またブログ覗かせていただきます!

投稿: なっち | 2008年8月28日 (木) 17時51分

なっち さん、

コメントありがとうございます。何度かおいでくださっていたとのこと、とてもうれしいです。
弁理士試験への挑戦は、思い立ったが吉日! ぜひ一緒に頑張りましょう!
埼玉だと通学できるので、いいですね。いろいろ比較して、自分に合いそうな講座や講師の先生をみつけてみてください。

なっちさんのブログも拝見させていただきました。素敵なブログですね。
実は、私も関西出身です。(なっちさんよりちょっと西のほうやねん。)

ぜひまた覗いてくださいね。

投稿: 桃次郎 | 2008年8月28日 (木) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513728/42207890

この記事へのトラックバック一覧です: Web講座を1.5倍速で:

« LEC弁理士Web講座のテキスト届いた | トップページ | お葬式 »