« 「いつも目標達成している人の読書術」を読んだ | トップページ | 講座の進捗グラフを作成した »

2008年9月27日 (土)

ライフキャリア・デザインセミナーに参加した

昨日と今日、1泊2日で、勤務先の会社の人事部門が開催する「ライフキャリア・デザインセミナー」に参加してきました。

人生も折り返し地点を向かえ、今後のライフキャリア(仕事、生活)をどうしていくかについて考える機会を与えるセミナーです。講義と自己分析作業、グループ討議などのカリキュラムがあり、人生について考え直し、仲間と意見交換して刺激を受け、とてもいいセミナーでした。

  1. まずは「自分を知る」ことが大切。そのために、自己開示(自分をさらけ出す)をし、それに対する周囲からの反応で、自分を知ることができる。
  2. 自分が大切にするもの(キャリア・アンカー),自分は何をしたいか。
  3. 目標:あるべき姿 を明確にする。

というステップです。せっかくの機会なので、「自分をさらけ出す」ことにしました。

  • 「弁理士」の資格を目指す。
  • 会社に貢献しながら自分のスキルを高める。
  • 会社または独立してライフワークバランスの整った人生を送る。
  • 元気に、カッコよく!をスローガンにしたい。

ということを開示したところ、みなさんから、自分を高めようとする意欲は素晴らしい、ぜひ頑張ってくださいとの励ましを受けました。

また、年金制度の説明を受け、65歳までの家計経済収支をシミュレーションしました。

  • 私たちの年代は厚生年金の支給が65歳からとなり、定年(60歳)からそれまでは、会社の企業年金+確定拠出型年金が受給できるが金額が小さいため、その間、家計収支がマイナスとなる。
  • 子供二人が高校・大学と重なる時期も、家計収支がマイナスとなる。
  • 別途、自動車購入、家のリフォームなどの大きな出費があれば、家計収支はマイナスとなる可能性がある。

との結果でした。

これをみて、このまま何もしない場合は、人生がかなり苦しくなることがはっきりとわかりました。それで、弁理士となりキャリアアップする、という目標が自分の人生にとっていかに重要であるか、が再認識できました。

私はどちらかというと口下手で人とコミュニケーションすることが苦手なのですが、講義の中で今後のライフキャリアには、人間関係力が大切とのお話があり、なるべく周囲の方に話かけるようにもチャレンジしました。おかげさまで、仲間と活発な意見交換をすることができました。特にグループワークのメンバーは、いろんな部署、いろんな地域からの人が集まり、自分とまったく異なるキャリアとスタイルを持っていて、とても刺激を受けました。最後にはグループの代表として、全員の前で発表もさせてもらう機会もいただき、緊張しましたが、いい経験になりました。

この機会をつくってくれた会社や講師の先生方、一緒にセミナーに参加し意見交換等してくれた同年齢のみなさんに感謝するとともに、自分のチャレンジも褒めてあげたい気持です。

|

« 「いつも目標達成している人の読書術」を読んだ | トップページ | 講座の進捗グラフを作成した »

1.なぜ勉強するのか」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513728/42612095

この記事へのトラックバック一覧です: ライフキャリア・デザインセミナーに参加した:

« 「いつも目標達成している人の読書術」を読んだ | トップページ | 講座の進捗グラフを作成した »