« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年10月25日 (土)

入門講座終了

LEC弁理士講座の入門講座が終了しました。先週から少し体調不良で進捗しなかったのですが、やっと今日、著作権をやって、終了しました。

進捗グラフです。

20081025_lec_8

なんとか、第1段階の入門講座が終了して、ほっとしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

やった方がいいとわかっているけど、めんどくさくてほったらかしにしていることを、実行する方法

今日は、勉強をお休みにして、部屋の整理をしました。

ここんとこ、とにかく勉強を前に進めるのに気が向いていため、少し散らかってきていました。レジュメのファイルやテキストをはじめ、雑誌やパンフ類や郵便物、公共料金の請求振替通知、その他の書類などなど。でも、めんどくさくて、ずっとほったらかしにしていました。

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術」を読みなおして、そこにかかれていることをを参考にして、やってみたところ、うまくいきました。やった内容を「やった方がいいとわかっているけど、めんどくさくてほったらかしにしていることを、実行する方法」としてまとめてみます。

☆ 仮説→実行→検証→仕組み化 です。

≪仮説 :実行するための戦略≫

  1. ゴールを明確にする・・・目標:本棚がすっきり。本棚,引き出し以外に書類がない。床の上、テーブルの上に最低限のものしかない。
  2. そのゴールから、得られる効果を具体的にイメージする・・・気持ちがすっきり。やることの時間短縮できる。決断力が磨ける。その結果いい仕事がバリバリできるようになる。
  3. 制限時間を設ける・・・1時間
  4. 時間内にゴールするための方法を考える(どこに労力をかけるかKSF:キー・サクセス・ファクターを見出す)・・・捨てるものは捨てて空間の余裕をつくる。悩む時間をなるべく少なく。
  5. 具体的な実行ルールを決める・・・使わないものは捨てる。思い出の品などで捨てにくいものは、悩んだらとっておくことにする(ダンボール箱に入れて物置へ)
  6. チェックリストをつくる・・・勉強関連がきれいにおさまっている。本棚以外に書類がない。本棚の中に横に寝ているものがない。床の上にモノがない(最低限のもの以外)。
  7. 自分へのご褒美を決めておく・・・時間内にできたら、外に遊びにいく。

≪実行≫

≪検証 :実行結果の振り返り≫

  1. 時間2時間かかったが、完成
  2. チェックリストすべてOK。それに加え、本棚の上の箱類もなくし、その他のスペース上も余計なものがなくなった(前回の整理(1月6日)以上の美しさ)
  3. スッキリして、勉強もはかどりそう。気分もスッキリ。「空間の整理」=「頭の整理」という感じ。
  4. 整理をしだすと、「作業興奮」で、どんどんできた。充実して、楽しくできた。
  5. 時間は、予定の倍かかる。しかし、1時間の制限時間を念頭に作戦をたてたから、2時間で終わった。最初から、制限時間を2時間としていたら、4時間くらいかかったと思われる。
  6. うまくいった最大の要因は、捨てるかどうか悩まない、と決めたこと。整理のためにはものを捨てないといけないと思っても、どうしても捨てにくいものがあって、選ぶためにちょっと読んでみるか、となってしまい時間がかかってしまう。今回は、制限時間を1時間とすることで、そんなに悩んでいたら、絶対に終わらないので、捨てるかどうするか悩むものは、捨てずにとっておくことに決めた。明確なゴールと、制限時間を決めることが、とても有効なことがわかった。

≪仕組み化 :今後に生かすマニュアルとして≫

  1. 「戦略を立てる」ことで、めんどくさいことも楽しく実行できる。
  2. ポイントは、ゴールを明確にし、制限時間を設けること「俯瞰逆算思考」。ただし、時間は予定の倍かかるので、それを想定しておくこと。
  3. それと、ゴールを達成できたた時の「効果=いいこと」をイメージすること、自分へのご褒美を設けること、チェックリストをつくること、などを組み合わせるのがいい方法。

ということで、一応、うまくいきました。

次の課題は、「お金の管理」です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

入門講座ただいま不競法

LECの入門講座(Web通信)は、特実,意匠,商標,そして条約と終わり、不正競争防止法に入りました。

今日は3連休の中日、天気は昨日のぐずついた空模様とはうってかわって、さわやかな秋晴れ!どこかにぱーっと遊びに行きたい気分のところですが、受験生なんで勉強にいそしみました。合格すれば、これもいい思い出になることでしょう。

しかし、ここまできて、この試験に必要な知識の量の多さを感じています。あらためて、このような試験に合格された人に対する尊敬の念が湧いてきましたね。

なかなかいろんなことが頭に入らないので、焦りがちになりそうですが、何を勉強するのも、最初の半年間はみっちりと基礎力を身につけることが大切、とのことなので、今は、じっくりと全体の体系を体感すればいいんだ、と自分に言い聞かせています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

「夢をかなえるゾウ」を読んだ

前から読みたいと思っていた夢をかなえるゾウを読みました。先週テレビで、小栗旬が「僕」の役で、ドラマをやってたのがきっかけです。

この本、けっこう売れてるらしいですね。形式としては、「物語仕立ての自己啓発書」というのでしょうか。私も読んでみて、おもしろい!と思いました。

自分も「人生を変えたい!」と思って、資格試験に挑戦しようとしています。この本に出てくる「ガネーシャの課題」やってみようかな。

これまでの成功本や自己啓発書は、項目の箇条書きとその説明が中心でしたが、近年こういうパターンの本がウケているようです。この本の作者、水野敬也さんは、ウケる技術という本でブレークした人ですから、さすがにウケるのがうまいです。

このような、物語でもって人を感動させて、人に思いを伝える手法を「ストーリーテリング」といい、近年アメリカを中心として、注目されている手法らしいです。このパターンの本としては、ユダヤ人大富豪の教えを思い出しました。こういうのがこれからも増えそうですね。

まずは、課題をやってみますか。

ガネーシャの課題 :靴をみがく

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年10月 7日 (火)

入門講座の商標まで終了

LECの弁理士試験入門講座(Web通信)、特許・実案から、意匠、商標まで終了しました。ここ1週間、出張や用事などが忙しく、やっと今日久々に講座をやり、ここまできました。

特許・実案は、かなり理解できたものの、意匠と商標は初めて触れる科目なので、なかなか理解するまではいきませんでしたが、今は初回なので、多少わからなくても、何を勉強するかの全体像がわかればいいや、と気楽に考えています。とりあえず、1回転目を早くまわす、ということでいいでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

携帯プレイヤーで耳から勉強のメリット

Web通信講座を1回受講したものを、音声ダウンロードしてiPodにいれ、散歩,車での移動,家事などの細切れ時間に聞いています。いろんな勉強本で、携帯プレイヤーで耳からする勉強の効用がかかれておりお薦めされているので、自分もやっていますが、単に時間の有効利用といういがいにもいろんなメリットがありそうです。

  • 細切れに聞くので、「あれ、これってどこの話だったっけ?」となるので、かえって全体構造とその中での位置を意識するようになった。
  • 他のことに意識がいってしまうと、空白になるので、集中力がつく。
  • 信号待ちや渋滞、遠回りなどが、前は時間がもったいないと感じたが、講座を聞いていると気にならない。

いろいろいいことがあります。だた、空き時間があるたびにその都度ずっと聞いていると、頭の中が佐藤先生の語りばかりになってくるので、時々リフレッシュして音楽をきいたりしています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

ものを捨てることはなぜ難しいか

勉強を進めるにつれて、講座のテキストやレジュメ、参考書などが増えてきて、勉強をし始めるときに確保した本棚のスペースがいっぱいになってきました。本も今年に入ってからたくさん買って読んでいるので、本棚を整理しています。

数年前に、「捨てる!」技術 (宝島社新書)という本がブームの頃買って読み、多少は実践してきました。整理する前に、捨てることが必要、ということです。

また、今年の年初に佐藤可士和の超整理術を読んで、一発奮起して部屋の整理をしたところ、かなり整理整頓でき、生活改善のきっかけになりました。

これも、「捨てる勇気が感覚を研ぎ澄ます」ということをいっています。

既に、使う可能性は小さいけど、もしかしたらまた使うかもしれないから、もったいないからとっておこう、というのものはあまりありません。あとは捨てるのがそれなりに厳しいものばかりです。

「ものを捨てること」が難しいのは、「もの」に「記憶のタグ」がついているからです。捨てようとしてそのものを手に取ると、そのものが現役時代の自分の感情がありありと蘇ってきます。そして、自分はあんな思いをしていたんだ、あんなに頑張っていだんだ、という記憶を忘れたくないなと感じて、捨てることを躊躇してしまいます。

本当に必要なものを選んでいく。そのなかで、快適な生活と、研ぎ澄まされた感性を身につけてきたいです。 

って、単に本棚を整理しようとしただけで、こんなことまで考えてしまってる自分って・・・、面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »