« ものを捨てることはなぜ難しいか | トップページ | 入門講座の商標まで終了 »

2008年10月 2日 (木)

携帯プレイヤーで耳から勉強のメリット

Web通信講座を1回受講したものを、音声ダウンロードしてiPodにいれ、散歩,車での移動,家事などの細切れ時間に聞いています。いろんな勉強本で、携帯プレイヤーで耳からする勉強の効用がかかれておりお薦めされているので、自分もやっていますが、単に時間の有効利用といういがいにもいろんなメリットがありそうです。

  • 細切れに聞くので、「あれ、これってどこの話だったっけ?」となるので、かえって全体構造とその中での位置を意識するようになった。
  • 他のことに意識がいってしまうと、空白になるので、集中力がつく。
  • 信号待ちや渋滞、遠回りなどが、前は時間がもったいないと感じたが、講座を聞いていると気にならない。

いろいろいいことがあります。だた、空き時間があるたびにその都度ずっと聞いていると、頭の中が佐藤先生の語りばかりになってくるので、時々リフレッシュして音楽をきいたりしています。

|

« ものを捨てることはなぜ難しいか | トップページ | 入門講座の商標まで終了 »

2.道具を揃えよう」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
以前コメントを記載させてもらったきいくです。

自分も通勤時によく音声データを聞いていました。

この勉強法でよかった点は上記されているように時間の有効活用という点以外に普通より記憶の定着率が良いときがある、という点です。

例えばある条文(だとえば29条)を覚えるときに歩いていた風景があったとして、その条文を思い出そうとするとその風景やそのとき裏で考えていた事などが浮かんできます。

ここまではまあ普通だと思うのですが、
それを繰り返していくと逆に29
条を思い出そうとするときに条文、風景の順ではなくて、風景が先に思い出されてそのあとその場でこんな事考えていたなーって思い出すようになりました。

多分条文を思い出したい、
細かいのが思い出せない、
風景をキーワードに思い出していく

こんな感じだと思います。
ちょっとしたマインドマップ的な感じでしょうか?

もっと進めるともしかしたら風景などを決めて思い出す勉強法などもできるかもしれませんね笑

あと別の件ですが、私もブログを始めました。
知財に関する取り組みを考えるブログです。
とりあえず時期的な点から昨年の口述の再現などものせていますから、よろしければ雰囲気など味わってみてください

それでは
http://tizaizin.blog59.fc2.com/

投稿: きいく | 2008年10月 6日 (月) 00時15分

こんちわ、ときどき拝見してます、参考になります、ありがとうございます。
 でも、今回の歩行中や車での移動中等の携帯プレイヤの利用はいただけません。大変危険です。事故る前に即刻中止して、とまって勉強するようにしましょう。
 ぼくは、以前河原を散歩しながら聞いてたら、後ろからきた自転車にぶつけられそうになりました。
 体調管理に気を使うのと同様、危険回避に留意するのもお受験をする態度のうちと思います。

投稿: uchy4100 | 2008年10月 6日 (月) 19時44分

きいく さん、

またコメントいただき、ありがとうございます。合格された先輩からの貴重なご意見、感謝します。

風景をキーワードに思い出していく、そんなこともできるのですね。おもしろく発展させられたら、楽しいですね。

紹介いただいたブログ拝見しました。口述試験の再現、よく再現できていますね。今の自分の状態では、こんなこと聞かれたら、頭の中が真っ白になってしまいそうです。きいくさんのおかげで、こころの準備ができました。ありがとうございます。

投稿: 桃次郎 | 2008年10月 6日 (月) 22時10分

uchy4100 さん、

アドバイスありがとうございます。確かに危険だと思いますので、気をつけたいと思います。
uchy4100さんが、たいへん危険とおっしゃるのは、外の音が全く聞こえなくなるような密閉型のイヤホンの場合ではないでしょうか。
今使っているイヤホンは、外の音が十分聞こえますので、気をつけながらこれからも耳からの勉強は続けていきたいと思うのですが、いかがでしょうか。

投稿: 桃次郎 | 2008年10月 6日 (月) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513728/42566830

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯プレイヤーで耳から勉強のメリット:

« ものを捨てることはなぜ難しいか | トップページ | 入門講座の商標まで終了 »