« 論文基礎力完成講座を終了! | トップページ | フォトリーディング集中講座申込み »

2008年12月21日 (日)

短答基礎力完成講座を開始

入門講座、論文基礎力完成講座を終え、短答基礎力完成講座に入りました。今日、第1回目をやってみて、その感想などです。

テキストは、言わずと知れた「短答アドヴァンステキスト」。特許法・実用新案法だけで、555ページもあり、分厚くて盛りだくさんです。

入門講座や論基礎では、体系の順番でしたが、今回は、条文を1条から1つずつ学んでいきます。ある程度入門講座等でやったこともありますが、すべての条文を1個1個みていくので、さすがに細かいです。なのに量がたくさんなので、スピードが速いです。

1.5倍速で休みなしに聞くのはとても無理で、しばしば止めて、参照されている条文の確認と、蛍光ペンでのマーキングなどをしながらやりました。

ここまで勉強してくると、マーキング方法や書き込みのボールペンの色など、少しづつ工夫して、だんだん自分なりのスタイルができてきました。これもある意味「仕組み化」ですよね。

☆マーキングの色分け

  1. 黄 : キーワード
  2. 桃 : 特に重要なキーワード
  3. 橙 : 条文番号
  4. 緑 : 表題
  5. 青 : 例など

この色分けは、論基礎の途中で決めました。蛍光ペンは、「三菱 PROPUS WINDOW 5色組」を使っています。5本組のケース入りでバラけないのと、窓あきでマーキングしやすいから気に入っています。

☆ボールペンの色分け

  1. 青 : 通常の書き込みやマーク
  2. 赤 : 重要な書き込みやマーク

いままでは、黒だと目立たないので赤(1色)でやってましたが、通常の書き込みと重要な書き込みの軽重をわかりやすくするために、青と赤の2色を使うようにしました。これも論基礎の途中からです。

これからも、こんな仕組み化も少しづつやりながら、講座を進めていきます。

|

« 論文基礎力完成講座を終了! | トップページ | フォトリーディング集中講座申込み »

4.効率10倍インプット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513728/43489079

この記事へのトラックバック一覧です: 短答基礎力完成講座を開始:

« 論文基礎力完成講座を終了! | トップページ | フォトリーディング集中講座申込み »