« フォトリーディング集中講座は潜在意識の活用体験 | トップページ | 2008年特許検索競技大会フィードバックセミナー参加 »

2009年2月 5日 (木)

ストレングス・ファインダーをやってみた

ついにやってみました、ストレングス・ファインダー。勝間和代さんが「起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術 」などで薦めてるので、前からやろうとおもっていましたが、今回フォトリーディング集中講座の練習本として、「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす 」を選んでフォトリーディングしましたので、それに従ってやってみました。

ストレングス・ファインダーとは、自分の強みを客観的に知るためのテストで、この本のカバー裏にあるパスワードをネット上でいれ、質問に答えていくと、診断してくれます。フォトリーディング集中講座で一緒のグループになった人も「面白いですよ」といってましたので、楽しみにやってみました。

その結果、私の「自分だけの特徴的な資質」は、

  1. 最上志向
  2. 目標志向
  3. 未来志向
  4. 収集心
  5. 学習欲

でした。なかなか、「ほぉ~、だいたい当たっていそう。」という感じですね。

起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術 によると、勝間和代さんは、

  1. 学習欲
  2. 着想
  3. 最上志向
  4. 活発性
  5. 目標志向

ですので、学習欲、最上志向、目標志向の3つが重なっています。全部で34種類ありますので、3つ重なっているといこうのは、けっこう近いといえるかも。だから、共感を感じるのかもしれません。

また、同じ本の中で、「カツマー」(勝間さんを崇拝?する人。私もです)のみなさんの資質の集計結果は、

  1. 収集心
  2. 最上志向
  3. 学習欲
  4. 内省
  5. 自我

ですので、この上位3つとも重なりました。

自分がこのような資質を持っていることがわかりましたので、後はこの強みを生かせるよう、自分の周りの環境にアプローチしていけばいい、ということです。

それは具体的にどうやればいいのか、考えていきたいと思います。

ただ少なくとも、目標志向、未来志向、学習欲などがありますので、弁理士試験を目指した勉強は、自分に向いているよことがわかったので、これからも迷わず、より一層のエネルギーをかけてやっていきます。

|

« フォトリーディング集中講座は潜在意識の活用体験 | トップページ | 2008年特許検索競技大会フィードバックセミナー参加 »

3.勉強の基本的なコツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513728/43966688

この記事へのトラックバック一覧です: ストレングス・ファインダーをやってみた:

« フォトリーディング集中講座は潜在意識の活用体験 | トップページ | 2008年特許検索競技大会フィードバックセミナー参加 »