« 理系のための法学入門のマインドマップを描いた | トップページ | PATECH企画の産業財産権四法対照整理ノートはよさそう »

2009年2月18日 (水)

青本をフォトリーディングした

ちょっと分量がありますが、青本(工業所有権法(産業財産権法)逐条解説 )をフォトリーディングやってみました。(弁理士試験を受験される人は誰でも知っている本ですが他分野の方のために説明しますと、1800ページくらいある特許法などの条文を解説した本です)

Photo

そもそもフォトリーディングを身につけようと思ったきっかけが、こういう本を楽に読めたらいいなという気持ちからということもあり、また、購入してからまだ全く読んでなかったので時期的にそろそろ読まないとやばいということもあり、軽くやってみました。

さすがに内容が全部覚えられたなどとということはありませんが、一度フォトリーディングしておくと、さっと目を通しただけで、すーっと内容が頭に入ってくるような気がします。これが、フォトリーディングの効果でしょうか?

フォトリーディングしたときは必ずやることにしているお決まりの手順に沿って、今回もマインドマップを描きました。

BOI(基本アイデア=マインドマップを描くときの太い幹)は、

  • 本の構成
  • 法体系を把握するコツ
  • この本の今後の使い方
  • 今回フォトリーディングした感想

としました。

マインドマップを描くことで、本全体の構造が把握できて、今後の勉強に効果的に役立てられそうです。

|

« 理系のための法学入門のマインドマップを描いた | トップページ | PATECH企画の産業財産権四法対照整理ノートはよさそう »

4.効率10倍インプット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513728/44105538

この記事へのトラックバック一覧です: 青本をフォトリーディングした:

« 理系のための法学入門のマインドマップを描いた | トップページ | PATECH企画の産業財産権四法対照整理ノートはよさそう »