« 受験願書が届いた | トップページ | マインドマップ戦略入門を読んだ »

2009年3月17日 (火)

フォトリーディング&マインドマップ10冊達成

1月31日,2月1日に受講した「フォトリーディング集中講座」で学んだフォトリーディングを練習して活用するために、10冊をフォトリーディングすること目標にしていましたが、本日達成しました!

フォトリーディングした情報は、マインドマップを描くことで脳内で活性化されるようなので、フォトリーディングしてマインドマップを描くところまでをセットにして、1冊と数えました。マインドマップを描くのは楽しいですし、描くことで本への理解がぐんと深まります。

フォトリーディング&マインドマップした本(順番通り)

  1. 自助論  S.スマイルズ
  2. 非常識な成功法則  神田昌典
  3. さあ、才能(じぶん)に目覚めよう  マーカス・バッキンガム
  4. ザ・マインドマップ  トニー・ブサン
  5. 理系のための法学入門  杉光一成
  6. 最新版演習問題式弁理士になる最短合格法  正林真之
  7. 工業所有権(産業財産権)逐条解説  特許庁編
  8. LEC弁理士試験短答アドヴァンステキスト特許法実用新案法編  LEC
  9. 断る力  勝間和代
  10. 「脳にいいこと」だけをやりなさい!  マーシー・シャイモフ

読みたかった自己啓発系の本と、弁理士試験関連の書籍類、そして最近本屋で見つけた本です。

そして、10冊のマインドマップです↓ 

10

(写真が小さくて何を描いてるかわからないと思いますが(笑)、イメージだけでも。。)

フォトリーディングというスキルは、当初思っていたみたいに、「一度フォトリーディングしたら本の内容が全部頭の中に入って、すべて記憶できる!」という訳ではありませんが、短時間で概要を把握して、情報にタグ付けして、きっかけがあれば活用出来る、という感じですね。その後、スピードを上げて読んでも内容が頭に入ってきやすいとか、記憶に残りやすい感じがします。

10冊やってみて、今までは本は最初から最後まで全部丁寧に読まないといけないという感覚だったのが、多少とばしても、全体の把握ができ、特に印象のあるところに気付けば良い、という「おおらかさ」が出てきました。

また自分にとっては、資格試験の勉強への活用が大きなテーマですが、ややこしい試験科目の理解と記憶に役立っているように感じます。今後は、塚原先生(私が受講したフォトリーディング集中講座のインストラクター)のブログに書いてあるように、「インプットではなく、アウトプットのツールとしてマインドマップを勉強に活用」というのもやってみようと思っています。

塚原先生のブログ↓

http://plaza.rakuten.co.jp/tsukaharamiki/diary/200811060000/

では、これからも練習して、もっと活用できるようになります。

|

« 受験願書が届いた | トップページ | マインドマップ戦略入門を読んだ »

2.道具を揃えよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513728/44382413

この記事へのトラックバック一覧です: フォトリーディング&マインドマップ10冊達成:

« 受験願書が届いた | トップページ | マインドマップ戦略入門を読んだ »