« 特許法のマインドマップを描いた | トップページ | 短答試験過去問集の商標まで終了 »

2009年4月25日 (土)

短答まであと1か月=過去問やり始め

5月24日の短答式試験まで、あと1か月となりました。

勉強の進捗のほうは、短答実戦答練(全8回)は総合の7回、8回をやらずに残したまま、全国短答公開模試(全2回)に入りました。通信講座(自宅受験)は締め切りが早いので、1回目はもう提出し、来週早々には2回目を実施する予定です。

短答実戦答練の得点は、20点~30点前後を低迷しましたが、まあ、自分のいまの実力としてはこんなもんでしょう。これからの追い込みで、得点力をアップしていくつもりです。

短答実戦答練習に間に合わせるように、急いで短答基礎力完成講座を先月までに仕上げたばかりで、これまで過去問をまったくやってなかったので、今週からLECの「体系別短答試験過去問集」をやり始めました。

今日で特許法・実用新案法の半分くらいまで終了しました。

≪今やっている過去問集の勉強法≫

  1. とにかく早く1回転させることを心がける。
  2. そのために、単元ごとの所要時間を計測することにした。
  3. 解答して答えと解説を読み、関連条文をさっと見て確認し、解説に軽くマーカーする程度で次の問題へ移る。
  4. 問題によっては、先日作成した特許法のマインドマップで条文の位置を確認するだけで条文を読まずにすます。
  5. 当初、1問5分(5分/問)のペースを予想して始めたが、単元によってかなり違う。
  6. 自分になじみのある単元は3.5分/問で、難しい単元だと10分/問。
  7. 平均して、約6分/問(5.7分/問)。
  8. 1回転するのに、60問×7年分+50問×3年分=570問,570問×6分/問=3420分=57時間 かかるという計算になる。
  9. ということで、これ以上ペースを落とさずに、第2分冊の意匠法から不競法までやり抜けよう。

時間を測る方法は、①集中力を維持することができ、②勉強の時間配分を立てられる、というメリットがあることを再確認しました。茂木健一郎さんの「脳を活かす勉強法」に書いてある「タイムプレッシャー法」ですね。

あと1か月となった今の時点で初めて過去問に取り組むのは、他の方達に比べたらかなり遅いと思いますが、自分ではこの時期で良かったと感じます。これまでやってきた基礎講座のおかで全体構造が体に染みついていることと、この前描いた特許法のマインドマップなど、これまで描いてきたいろんなマインドマップを参照することで、時間をかけなくても、過去問を通して条文の把握と記憶が効果的にできるように感じます。

さあ、明日もこの方法で集中してやっていき、来週までにいけるところまでいってから、全国短答公開模試の2回を実施して、自分の実力を測る予定です。

|

« 特許法のマインドマップを描いた | トップページ | 短答試験過去問集の商標まで終了 »

5.成果10倍アウトプット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513728/44793296

この記事へのトラックバック一覧です: 短答まであと1か月=過去問やり始め:

« 特許法のマインドマップを描いた | トップページ | 短答試験過去問集の商標まで終了 »