« 不合格!-弁理士試験短答式試験の合格発表 | トップページ | 短答式筆記試験の結果について(通知) »

2009年6月14日 (日)

今年の短答試験までの勉強時間→来年への戦略

来年に向けての計画を立てるにあたって、今回の短答試験まで、勉強をどのくらいの時間したのか、概算してみました。

≪09年短答試験までの勉強時間の概算≫ 

(勉強開始2008年8月~短答試験2009年5月)

  1. LEC講座 入門講座 110時間
  2.        論文基礎  50時間
  3.        短答基礎 110時間
  4.        論文答練  40時間
  5.        短答答練  30時間
  6. iPodで講座を聴く   110時間
  7. 短答過去問      220時間
  8. その他          30時間

       合計       700時間

LEC講座は、「1年合格パーフェクトコース」に入っているものをこなしました(Web通信&音声ダウンロード)。時間がなかったので、ほとんど1.5倍速でやりました。

朝の散歩や通勤時間(車),その他の移動時間には、iPodに講座をダウンロードしたものを聴きました。

短答過去問は、体系別過去問集に沿って問題を解いてから解答をみて、テキストをみて、条文集にポイントを書き込んでいきました。その際に各法のマインドマップを作成しました。

その他は、「理系のための法学入門」「青本」などです。

合格には、1500時間必要といわれていますので、700時間では、短答試験で31点というのも、納得です。

≪来年へ向けての戦略を考えてみた≫

  1. どうやって勉強時間を確保するか。
  2. その時間をどう有効活用するか。

に分けて考えてみました。

(1)どうやって勉強時間を確保するか

  1. 目標勉強時間の設定する。 : 1年で1500時間 → 1500÷365=1日4.1時間 → 週30時間 → 平日3.5時間+土日6時間
  2. 勉強以外の時間を減らす。
  3. 勉強時間を記録する。
  4. 目標が達成できたら自分へのご褒美を。

(2)その時間をどう有効活用するか

  1. 勉強内容の組み立て :年間スケジュール→週→日 :勉強法本や合格体験記などから学ぶ  
  2. ツールの使いこなし :マインドマップ、フォトリーディング、ブログにアウトプット(親指シフト)、全脳学習法、メンタルトレーニングなど
  3. 予備校の講座の利用

ひとまず、こんなところでしょうか。今後、もう少し練っていきたいと思います。

|

« 不合格!-弁理士試験短答式試験の合格発表 | トップページ | 短答式筆記試験の結果について(通知) »

3.勉強の基本的なコツ」カテゴリの記事

コメント

本当に、勉強時間の確保は悩ましい問題ですね。
勉強の為に仕事を超効率的に終わらせたいのですが、凡人なのでやっぱりなかなかできませんsweat01

勉強時間の記録として、「弁コン」というサイトをお勧めしたいのですが、先日からサーバの不調で無期限休止になってしまい残念です。
毎日8時間とか勉強されている方も沢山いらっしゃり、勉強をサボると後ろめたい気分になれておすすめなんですけどね~clover

投稿: むらさき | 2009年6月17日 (水) 19時16分

むらさき さん、

へぇ、そんなサイトがあるのですね。なかなか面白そうですね。でも休止とは残念です。
ダイエットのそういうサイトをテレビで見たことがありますが、その勉強版かな。毎日8時間の人や頑張っている人をみるといい刺激になりますね。
もし再開したらおしえてくださいね。

ひとまず、自分でエクセルに記入していきます。

投稿: 桃次郎 | 2009年6月18日 (木) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513728/45342557

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の短答試験までの勉強時間→来年への戦略:

« 不合格!-弁理士試験短答式試験の合格発表 | トップページ | 短答式筆記試験の結果について(通知) »