« ブログのサブタイトルを「起きていることはすべて正しい」に変更 | トップページ | 基礎的な法学の本を3冊勉強した »

2009年6月25日 (木)

「全脳思考」を読んだ

神田昌典さんが最近だされた「全脳思考 を読みました。

アマゾンで見て、そのカスタマーレビューで酷評されているので、「へぇ」と感じたものの、買うつもりはありあせんでしたが、先日東京に行った時に、八重洲ブックセンターで見かけて、この本の質感に驚き、何かワクワクするものを感じて、買いました。

みなさんも、ぜひリアル書店で、手にとって見てみてください。普通の本じゃないですよ。分厚いし、カバーの質感が普通のビジネス書と違って、感性を刺激されます。図表もたくさんあって読みやすいです。

ざっとフォトリーディングしてから、はじめからじっくり読みました。読み進むと、数ページおきに、AHA!体験の連続です。

神田昌典さんは、さすがマーケッティングのプロだけあって、本の構成・文章も人を引き付けるテクニックが満載です。

そして、本に書いてあることに、セレンディピティーを感じることがたくさん。

  • 本を読んでる時に、妻から「子供が勉強に集中しない!」というメールがきた・・・この本に、クッシュボールで子供の勉強の集中力がつく、という話が題材として。
  • この本に、「桃太郎:の話が・・・自分のブログ名は「桃次郎」
  • この本に「Shall We ダンス?」の話・・・私はこの映画が大好き。
  • 本を買う日の朝、ふと「マインドマップの丸い形ってまとまりを感じるからいいんだななぁ」と思い浮かべていた・・・この本に、図形は印象・エネルギーを持っている。丸は完成,調和、などど書いてあった。

 現在の社会の分析から始まり、全脳思考モデル、ストーリー(物語)の法則、行動するロジカル思考、そして、クリエイティブ・プロブレム・ソルビングと、効果的な手法が次々と繰り出され、わかりやすく説明してくれています。

わかりやすくて面白いところばかりで、特にどこが印象に残ったかと絞りにくいのですが、しいて一番面白かったところを挙げるとすると、フレームワークの使い方、おもちゃの片付けを例にしたロジカルシンキングの解説が面白いです。

本の全体を通して、この本を書いた神田昌典さんの気迫が伝わってきます。神田さんの意思を受けとって、ぜひこの内容を活用していきたいです。

この本はマーケティングの本ですが、弁理士の仕事にも応用できるでしょう。弁理士の仕事も資格をとっただけでは、価格競争の波に飲み込まれるだけです。この本に書いてあるように、クライアントを120%HAPPYにするサービスを提供できるようになることを、この本から学べるのではないでしょうか。

|

« ブログのサブタイトルを「起きていることはすべて正しい」に変更 | トップページ | 基礎的な法学の本を3冊勉強した »

3.勉強の基本的なコツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513728/45452595

この記事へのトラックバック一覧です: 「全脳思考」を読んだ:

« ブログのサブタイトルを「起きていることはすべて正しい」に変更 | トップページ | 基礎的な法学の本を3冊勉強した »