« 短答実戦答練第5回は苦手な条約を頑張った | トップページ | 資格試験への挑戦とフィットネスクラブ通いの関係 »

2010年3月28日 (日)

試験は知力+腕力の勝負-論文マスター模試第2回

今日は、論文マスター模試(第2回)に取り組みました。
本番通りの時間割とはいきませんでしたが、初めて3科目(特許・実案法=2時間,意匠法=1時間半,商標法=1時間半)の論文を一日でやりました。

さすがに手と頭が疲れました。問題が複雑な上に、書くべき項目がたくさんあり、それを制限時間内で書ききるには、かなりの腕力がいります。解答をさっと見たところ、散々のできですが、なんとか最後まで書き切ることができたので、自分なりには満足感があります。

資格試験は何でもそうだと思いますが、特に弁理士試験は、「知力」に加えて、「腕力」の勝負だと感じました。

短答試験を合格できたら、すぐ1ヶ月後に論文試験があります。論文試験の本番では、もちろん一日で3科目をしっかりと書ききらなければなりません。それまでに、しっかりと、「知力」と「腕力」を身につけていくつもりです。

≪今日のまとめ≫

資格試験は、「知力」と「腕力」の勝負だ!

|

« 短答実戦答練第5回は苦手な条約を頑張った | トップページ | 資格試験への挑戦とフィットネスクラブ通いの関係 »

5.成果10倍アウトプット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513728/47935751

この記事へのトラックバック一覧です: 試験は知力+腕力の勝負-論文マスター模試第2回:

« 短答実戦答練第5回は苦手な条約を頑張った | トップページ | 資格試験への挑戦とフィットネスクラブ通いの関係 »