« 「論文マスター答練」を終了 | トップページ | 短答実戦答練「条約」に向けて »

2010年3月23日 (火)

桃次郎式!目標を達成するための「勝間和代の人生戦略手帳」使いこなし理論

ここに、自分なりの「勝間和代の人生戦略手帳」の手帳使いこなし術、をまとめました!

01

  • もともと面倒くさがり屋で、いいかげんな自分でも
  • この手帳を自分なりに使いこなすことで
  • 資格試験の勉強がスムーズにでき
  • 目標へ向けて着実に進んでいけているので
  • 自分と同じように目標があるけど面倒くさいという方に
  • 人生の目標を達成するための手帳の活用法を
  • なるべく分かり易く
  • 写真もいれてビジュアルに

ということで、お伝えできれば、と思います。

(これまでにもいくつかの記事など、を書いていますが、分かりにくいと思いますのでここでまとめておくことにしました。)


≪「勝間和代の人生戦略手帳」の特徴≫

自分なりの使い方に入る前に、まず簡単に「勝間和代の人生戦略手帳」の特徴をまとめておきます。(基本的な説明は勝間和代さんのオフィシャルサイトに)

  1. 毎朝勝間さんからサポートメールが来る ‥ 手帳とメールをシンクロさせ、理論の理解と実践を 同時に行って習慣化していく仕組み!
  2. ミニ6穴サイズ(リング径10mm) ‥ けっこう小さい!
  3. リフィル形式 ‥ カスタマイズできる! 
  4. 勝間さん発案の各種シート ‥ ミッションステートメント・10,5,3年後の目標・目標管理シート・気付きリスト・Todoリスト・Not Todoリスト・月次スケジュール管理シート・日次バーティカルスケジュール管理シートなど!

≪「勝間和代の人生戦略手帳」の基本的な使い方≫

この手帳の基本的な使い方をごく簡単にかくと、

  1. ミッションステートメント,目標(長期~短期)を書く。
  2. それを達成するためのKPI(成果を測る鍵となる指標)を決める。
  3. 各種シートを使って、予定をたて目標の進捗を管理し修正し仕組み化をしていく。

ということです。この基本線をやりつつ、さらにそれに加えて、自分なりの使いこなし(アレンジ)をしていきます。


≪桃次郎式!目標を達成するための「勝間和代の人生戦略手帳」使いこなし理論≫

上記のこの手帳の特徴を十分に生かして使いこなすことが大切です。自分なりの使いこなし法のポイントを、下の5点の理論としてまとめました!

『桃次郎式!目標を達成するための「勝間和代の人生戦略手帳」使いこなし理論』

  1. 色をつかってビジュアル理論
  2. 自分なりカスタマイズページ理論
  3. 予実記録のWデイリースケジュール理論
  4. いつもすっきりキープスマート理論
  5. さっと開くぜスピードアクセス理論

以下、順に説明します。



1 色をつかってビジュアル理論

まずは、手帳をつかうのが楽しくなるように、色をつかって書くことです。
(お気に入りのサインペン,蛍光ペン,ボールペンはこれです)

↓例えば、長期目標(10,5,3年後の目標)のページです

12




2 自分なりカスタマイズページ理論

ミニ6穴のバインダー形式なので、自分の気に入った用紙を買っていれることができます。
月次スケジュールは元から付いていたのに加えて、市販の2種類の月次スケジュールを追加してそれぞれ活用しています。

↓追加している月次スケジュール

24_2

①〔上の写真の「月間-2」〕
土曜日は青で日曜祝日は赤の文字で書いてあるので見やすく、耳付きで目当ての月がパッと開けられるので便利です。
 → 通常の予定管理に使用。

②〔上の写真の「月間-3」〕
「(旧)勝間和代手帳」 でいえば「プロジェクト型マンスリーシート」に相当するような縦1列に書きこめるもの。
 → 縦線を引いて表にして、日々の体調管理(起床就寝時間,運動量,食事など)を記入。

③元から付いていた「月次スケジュール管理シート」
 → 勉強内容概要の予定実績記録用に使用。



3 予実記録のWデイリースケジュール理論

「日次バーティカルスケジュール管理シート」の時間記録部分を縦に2分割し、左欄に予定(計画)を書き、右欄に実績を書くようにしています。↓
(「(旧)勝間和代手帳」の毎日の予定が2つの欄に分けて書けるようになっていたのを、真似ています。)

32

何時何分から何時何分までは何をしたを書いて、もちろんここにも、「色をつかってビジュアル理論」を適用して、マーカーで色をつけます。

色分けのルールは、勉強は「ピンク」,運動は「緑」,ブログは「黄色」,親指シフト練習は「橙」,本読みが「青」、iPodで耳から勉強は「青とピンクのツートン」などです。

こうしておくと、どれだけ勉強をやったかなどが一目でわかります。また予定も同じ色で色分けしておくと、予定に比べて実際はどのくらいできたか、その違いを視覚的に感じることができます。

また、この時間記録から、毎日の勉強時間をエクセルで計算し、手帳に記録します。(目標時間が達成できていたら○をつける。)



4 いつもすっきりキープスマート理論

いつでも持っていて、すぐに取り出して確認と記録ができるように、スマート(薄く,軽く)な手帳を保つようにしています。

そのため、2週間に1回くらい日次スケジュールのリフィルを更新していきます。入れるリフィルをの量の目安は、手帳自体のリングに余裕が十分にあるように。
この手帳のリングはリング径が10mmと小さいのがとても気に入っています。

↓こんなにスマート (最大厚み15mmです)

41

取り出した(月日が終わった分の)リフィルは、バインダーを買って、入れています。↓

42_2




5 さっと開くぜスピードアクセス理論

①ミッションステートメントのページ,②月次スケジュールのページ,②今日の日次スケジュールのページ
の3カ所に中仕切り紙をいれて、それぞれがパッと開くことができるようにしています。

それぞれ色が違って、耳がついている中仕切り紙で、それを持つと、目的のページをパッと開くことができるようにしています。
良く見るのがこの3カ所で、毎日何度もあけるので、それが瞬間的にできるのはとても大切です。

↓ミッションステートメントのページをパッと開いたところ

51_2

以上が、『桃次郎式!目標を達成するための「勝間和代の人生戦略手帳」使いこなし理論』です。

このようにして、とても楽しく手帳を使っています。

そして手帳を使いこなすことで、以下のことができています。

  1. 人生における弁理士試験の勉強の位置付けを明確にして
  2. 勉強メニューの組み立てをし
  3. 勉強時間の確保と
  4. モチベーションの維持ができ
  5. 進捗管理と計画の修正をして
  6. 目標へ向けて着実に進んでいけています

みなさんにも参考にしていただけるとうれしいです!

|

« 「論文マスター答練」を終了 | トップページ | 短答実戦答練「条約」に向けて »

2.道具を揃えよう」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513728/47870905

この記事へのトラックバック一覧です: 桃次郎式!目標を達成するための「勝間和代の人生戦略手帳」使いこなし理論:

« 「論文マスター答練」を終了 | トップページ | 短答実戦答練「条約」に向けて »