« 論文マスターシリーズをやり終えた | トップページ | 偏差値45からの短答突破1ヶ月作戦! »

2010年4月17日 (土)

短答実戦答練は最終回を

今日はLECの短答実戦答練の第8回、最終回でした。

2月下旬から今日まで毎週土曜日に東京まで行って、一回も欠席することなくやり終え、ちょっと自分をほめてあげたい気分です。

( 短答実戦答練に関する
 このプログの過去の記事 

さてその成績は? じゃーん、これです ↓ 
(第8回は自己採点のみです)

20100417_2

今回はグラフにしてみました。

大体、得点は30点前後で、偏差値にして50前後です。

科目ごとの偏差値でみると、

  • 良い科目 条約,不著
  • 悪い科目 特実,商標

というところですね。

欠席することなく参加できたのはほめてあげたいですが、思っていたより点がとれない・・。 このままでは、ちょっと合格がやばい感じです。

毎回各科目の前に過去問をできるだけやって、なんとか得点力をつけようとしてきたのですが、それが不十分でした。

総合①,総合②(今日)は、多分、本試験と同レベルの問題の難易度だと思うのですが、30点,27点(自己採点)しか取れませんでした。
(今日は特に得点が気になったので、答案練習が終わり、解答をもらった瞬間に、その場で急いで自己採点をしました。)

そこで、帰りのバスの中で、考えました。

≪帰りのバスで考えたこと≫

  • おそらく、勉強時間が足りないのだろう。勉強時間をつぎ込めばなんとなるのはわかっているが、それでは面白くない。
  • なんとか仕組み化を考えて、短時間で効率的に得点力を身に付けたい。
  • それを勉強法として確立して、今後の他の勉強にも生かせる理論を作り上げたい。

よーし、「このままでは短答で落ちる!」 「短答突破1ヶ月作戦だ!!」

≪偏差値48からの短答突破1ヶ月作戦≫
  1. 過去問は早く1回転終わらせる。
  2. どこが問題として出ているかチェックして四法対法条文集に書き込む。
  3. 同時に自分がどのような点が解けないか把握する。
  4. 覚えるべきことを、まとめ、以下の戦術で覚える
  5. 全国短答模試(4/24,5/1)で進捗を確認。
  6. 5月8日頃にやり残し答練問題を解いて実力を確認する

≪覚える戦術≫

  1. ビジュアル
  2. 語呂合わせ
  3. 声を出す (&身体を動かす)

これまでは、なるべく趣旨から理解して覚える、としてきましたが、どうも細部が記憶できていないので、もうこうなったら、語呂合わせなどを多用しよう! ということにします。

では、この作戦を明日から実践していきます。

|

« 論文マスターシリーズをやり終えた | トップページ | 偏差値45からの短答突破1ヶ月作戦! »

5.成果10倍アウトプット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513728/48112199

この記事へのトラックバック一覧です: 短答実戦答練は最終回を:

« 論文マスターシリーズをやり終えた | トップページ | 偏差値45からの短答突破1ヶ月作戦! »