« 特許庁解答で短答自己採点した | トップページ | 短答リサーチ 本試験を斬る!! に参加 »

2010年5月29日 (土)

落ち込んでました

先週の弁理士試験短答式筆記試験の結果が悪かったため、しばらく落ち込んでいた。

この2年間こんなにいろんなことを我慢して勉強してきたのにこんな結果で、いつ合格するともわからない勉強をこれらからも続けるなんてとてもできない・・・

こんなことではダメだ、36点以上の人は論文試験に向けて必死に頑張っているし、もっと悪かった人も来年に向けて勉強を開始している、と思っても、身体と気持ちがいうことを聞かなかった。

しばらく飲んでなかったビールを飲んだり、ほとんど見てなかったテレビニュース番組を見たりした。また、いろんな本を読み返したりもした。

そしてやっと昨日くらいから、気分が復活してきた。

「よし、また、弁理士試験を目指して勉強しよう!」


復活の決め手になったのは、神田昌典さんの「全脳思考 」だ。

昨年発売直後に読んでいたが、今回読みなおしてあらためて感じることがあった。

「プロジェクトは直線ではなく、曲線でゴールを目指す」。すなわち、プロジェクトの途中には必ず、トラブル、障害、葛藤がある。その時こそ、人間的な成長をする機会だ。

そして、「出会いの深層背景」。これは説明が難しいが、人と人は成長するために無意識に出会う、といいうこと。

今回の不安や葛藤を、深層背景をとらえたり、最終到達点を見直したりするきっかけとして、むしろ積極的に受けとめよう。


このブログをみてくれている方、特にコメントをくれる方に感謝している。この出会いも意味のあることなのだろう。
また、妻と子供たちも元気でなによりで、私の勉強を応援してくれている。ありがたいことだ。

まだ具体的な方針は決めていないが、まず今日は万が一短答に合格した場合を考えて、論文マスターシリーズの見直しをし始めた。

明日から論文の勉強(基本の再確認)をしながら、人生のビジョンから行動の方向性,心がけ、そして勉強の具体的メニューなど、組み立てていこう。

|

« 特許庁解答で短答自己採点した | トップページ | 短答リサーチ 本試験を斬る!! に参加 »

1.なぜ勉強するのか」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
来年に向けて勉強されるおつもりで、資金にいくらか余裕があるなら
江口先生の通信講座、「13回で教える真の論文コア知識を構築する講座」を
オススメします。あれをやりこむだけで飛躍的に論文力があがりますよ。
あくまで自己責任でお願いしますが。ご参考までに。

投稿: イトウ | 2010年5月29日 (土) 23時29分

イトウ さん、

アドバイスありがとうございます。
江口先生の「13回で教える真の論文コア知識を構築する講座」のサンプル動画を見てみました。なかなかよいように感じました。
ただ、これまでやったLECの教材がほとんどやりっぱなしでほっているので、まずその復習からと思っています。
あと問題は資金です。勉強も3年目に入り、妻にお金のことを言いにくい状況なのです・・
自分の知らない講座の情報を教えていただき参考になります。今後ともどうぞよろしくお願いします。

投稿: 桃次郎 | 2010年5月30日 (日) 21時46分

イトウさん、
私も参考になります。
江口先生は関西のドンですね、さすがです。

桃次郎さん、
私も今、マスター答練の復習中ですよ。
全文書きして、正林先生の講義を聞いて、を繰り返しています。
でもほんとに自分がしてしまうミスって根深いみたいで、なかなか直らないですね。
一緒にがんばりましょう!

投稿: むらさき | 2010年6月 1日 (火) 20時24分

むららき さん、

マスター答練の復習中なんですね。なかなか頑張ってますね。
励ましのお言葉、とてもうれしいです。
私はまだまだなので、まずは自分の答案を見直して基礎事項を再確認することからやっていくつもりです。

投稿: 桃次郎 | 2010年6月 1日 (火) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513728/48489850

この記事へのトラックバック一覧です: 落ち込んでました:

« 特許庁解答で短答自己採点した | トップページ | 短答リサーチ 本試験を斬る!! に参加 »