« 「特許戦略論」を読んだ | トップページ | 朝4時起きその後 »

2010年7月26日 (月)

短答ゴロテク

LEC宮口先生の「裏技講座:短答ゴロテク講座」を受講(DVD)した。

この講座は、
「短答試験は時間との闘いでもあります。そうなると、ただ解けるのではなく、いかに効率的に解けるかが重要になってきます。本講座はまさにそのための講座であり、短答の問題を楽しい語呂合わせや、あっと驚くテクニックにより次々と解いていきます。」(LECの紹介文より)
というものである。

LECのタイムセール(ある期間だけ割引価格で買える)で30%引きがあったので、何か買おうかなと見つくろっていたところ、この講座を見つけ、「短答速報会」や「短答リサーチ 本試験を斬る!! 」に参加したときの宮口先生の講義が面白かったので、購入した。

今年の短答本試験までに、語呂合わせで覚えようと思っていたが、間に合わず出来なかったので、ちょうどいい機会とも思った。

前半の「テクニック編」では、出題者の心理まで読むテクニックに感心し、後半の「知識編」では、たくさんのゴロ合わせが満載で欲しかった通りの内容だ。宮口先生独特のテキストのマーカー色塗り加工もマスターできた。

まだ来年の試験まで時間があるこの時期からゴロ合わせ?とも思ったが、ゴロ合わせだと長期にわたり記憶に残りやすいので、これだけ記憶することが多い試験では有効ではないか。

また、ゴロ合わせだけでなく、宮口先生ならではの表やチャートでのまとめ方が多数登場している。これは、自分で図解や暗記カードを作成する際のまとめ方に非常に参考になるだろう。

ということで、今後何度か復習をし、ゴロを覚えていったりする予定である。

|

« 「特許戦略論」を読んだ | トップページ | 朝4時起きその後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513728/48978096

この記事へのトラックバック一覧です: 短答ゴロテク:

» 無限に暗記できる記憶術 [原口式記憶術]
還暦を過ぎた62歳の男性が、ある日突然円周率10万ケタを完璧に暗記し、世界一の記憶力保持者として有名になった驚異の記憶術・原口式記憶術。 [続きを読む]

受信: 2010年8月19日 (木) 12時41分

« 「特許戦略論」を読んだ | トップページ | 朝4時起きその後 »