« 2011年版短答過去問購入 | トップページ | 痔かも »

2010年10月 7日 (木)

最強の記憶術を開発(過去問→カード)

先月までに、条文逐条講座と青本で短答の全範囲を1回転さたので、2回転目に入っている。

2回転目は、

  1. 過去問 → 
  2. 条文集+マインドマップ等 を確認 →
  3. 暗記カードの作成

というステップを実施している。

とにかく、勉強しても勉強しても、覚えるそばから忘れていく。これをなんとかせねば何年やっても合格できない・・ という不安感にかられる。

そこで、色々な人の勉強本を読んでいろいろ考えた末、過去問で出題される問題を把握し、覚えるべき事を暗記カードを作って覚える、という組合わせがベストではないかと思うに至ったのである。

つまり、これが現時点での自分の「最強の記憶術」である。

恥ずかしながらではあるが、作成した暗記カードの写真をお見せしよう。

表↓

20101007_

裏↓

20101007__2

どうだ。色鮮やかで、いかにも覚えやすそうだろう。(字はきたないが・・)

色以外にもけっこう工夫をしている。

  1. 色鮮やかに
  2. 手にフィットし持ち運びやすい大きさ
  3. ゴロテク講座で学んだゴロ合わせも書く(水色)
  4. 条文番号を書く(茶色)
  5. 1枚のカードに特だけでなく意商も併記

いまからこのカードを作り始めたら、短答試験前の4月頃にはたくさんのこのような暗記カードの束ができあがることになる。

それを最後の一ヶ月で覚える。

覚えたら、抜いていく。また、順序を変えてやる。(カードでないとこれができない!)
これで短答合格間違いなしか?

また今後、この方法の進捗と成果を書くことにする。

|

« 2011年版短答過去問購入 | トップページ | 痔かも »

4.効率10倍インプット」カテゴリの記事

コメント

合格までにカードの枚数どれくらいになりそうですか?

投稿: 司法書士初学者 | 2010年12月 4日 (土) 02時36分

司法書士初学者 さん、

いままで作った分をざっと数えてみると、約200枚ありました。
まだ先があるのでやってみないとよくわかりませんが、400枚くらいで合格できるのではないかと思います。

投稿: 桃次郎 | 2010年12月 6日 (月) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513728/49676345

この記事へのトラックバック一覧です: 最強の記憶術を開発(過去問→カード):

« 2011年版短答過去問購入 | トップページ | 痔かも »