« テンプレート暗記カードのゴロ合わせ | トップページ | 新年 »

2010年12月20日 (月)

論文式試験の基本勉強進捗

今日で論文マスターシリーズの「論文マスター答練」(昨年受講)の復習が終わった。これで10月からやってきた論文式試験の基本勉強に一通り目途がついたので、ここで進捗を報告しておこう。

≪実施した内容≫

  1. 「論文マスター講座」の復習・・・基礎事項の確認
  2. 正林先生の「最新版 演習問題式 弁理士になる最短合格法」、納冨先生の「弁理士論文式攻略法」・・・何をどう勉強すれば良いか・・テンプレート法の基本を学ぶ
  3. テンプレート暗記カード」作成と暗記(ゴロ合わせ作成)・・・テンプレート法を着実に実行
  4. 過去問「弁理士試験論文本試験答案集〈2011年度版〉」H22~H18年まで5年分・・・本試のレベルを把握するため
  5. 「論文マスター答練」の復習・・・答案の書き方と必須知識の確認

≪学んだこと≫

  1. どの程度の知識を持ってどのような答案をかけば合格答案となるか、把握できた。
  2. 今後、「問題を解く(答案構成)→解説を読む→必要な知識をインプット→問題を解く→・・」 の繰り返すことで合格の実力をつけることができるだろう。

という感じで最低限の基礎力がついたようで少しほっとしている。楽観的かもしれないが、合格できる自信がなければ前向きに勉強する意欲も湧かないから多少楽観的くらいでいいか。かといって、楽観的過ぎると甘くみて勉強に向かう気が緩むので、そのあたりのバランスが大事かもしれない。

12月中は論文式試験の勉強に注力し、年明けからは徐々に短答式の勉強の比重を高めていく予定だ。

|

« テンプレート暗記カードのゴロ合わせ | トップページ | 新年 »

4.効率10倍インプット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513728/50345384

この記事へのトラックバック一覧です: 論文式試験の基本勉強進捗:

« テンプレート暗記カードのゴロ合わせ | トップページ | 新年 »