« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月19日 (日)

やっと短答の合格通知

ついに来た。

「平成23年度弁理士試験短答式筆記試験合格通知」

「貴殿の成績は・・
 合格基準点 39点
 得点 39点 」

自己採点通りだな。

勉強開始から丸3年過ぎてやっと短答に合格できた。1年でいけるつもりが・・、う~、長い道のりだった。 ちょっと感動。

次は論文試験。

「・・短答式筆記試験が免除となる資格を有します。・・2013年の試験まで有効」

ということで、万が一論文試験で落ちても、あと2回は短答試験は受けなくていいが、できれぱ今回一発でいきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

初めての論文模試

今日、LEC梅田本校で全国論文公開模試(第3回)を受けてきた。初めて会場で受験する論文模試だった。

当然、1日に特実2時間,意匠1時間半,商標1時間半の3科目を立て続けにやるのも初めて。このペースに身体を慣らす(馴らす?)のが主目的だったので、その目的は達した。

【今日の受験で気をつけた点】

  1. 模試は本試験のように、本試験は模試のように。
  2. 答案構成を決めた時間で終わらせ、答案を書く時間が足らなくなることがないようにする。
  3. 答案を書く筆圧を高くすると手が痛くなって書けなくなるので、力を抜いて書く。
  4. 昼ごはんは弁当を買って持って入り、昼食時も休み時間も勉強をし続けて体力がもつかどうかやってみる。

時間配分はまずまずできたし、なんとか3科目終了まで体力はもった。

短答試験後あまり勉強できていなかったので、もちろん答案の内容はぼろぼろだ。

昨年の12月までは論文対策の勉強を中心にやってきていたので、その勘が少しはもどってきたかもしれない。 という程度。

今日のところはそれでよしとしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

短答試験合格!

弁理士試験の1次試験である短答式試験の合格発表が、特許庁のウェブサイトにて今日のお昼にあった。

その中に自分の受験番号があった。やった、合格だ。
3年目にしてやっと短答に合格できた。ひとまずほっとした。

合格基準点が39点ということで、ギリギリだったな。あぷないあぷない。今年は合格人数が多いようで、運が良かった。

転勤・引っ越しで勉強時間が十分に取れない中、よくぞ合格できたものだ。「暗記カード法」の勝利だ。

この調子で2次試験の論文式試験も一気に突破したい。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »