« やっと短答の合格通知 | トップページ | 論文再現答案をお見せします »

2011年7月 3日 (日)

論文試験受験

今日、弁理士試験の2次試験である論文式筆記試験を受験してきた。かなり疲れた。しかし不勉強の割には、まずまず健闘できたのではないだろうか。全科目全問最後まで書ききったぞ。

受験された同志のみなさんはどうだっただろうか?
とにかく、お疲れさまでした。

しぱらく勉強に専念してこのブログの記事を書いてなかったので、振り返りも含め記しておく。

≪短答試験の後の勉強内容≫

  1. 取りうる措置テンプレート暗記カード暗記
  2. 弁理士論文式攻略法」の復習
  3. 「論文マスター講座」の復習の際につくった「丸暗記KW」「芋づる式暗記」まとめシートの暗記
  4. LEC論文公開模試2回受験(第3,4回)と見直し
  5. 「論文マスター答練習」の復習をしながら気付いた暗記項目の暗記カードの作成と直前にその暗記
  6. 弁理士条約攻略法」 の論文のところ復習

≪今日の論文試験で心掛けようと思った事≫

  1. 時間配分に気をつける。答案構成は特実1問20分,意匠商標は30分。前半に気合を入れ過ぎて時間を取られず、とにかく最後まで書ききる。
  2. 「問い」への「答え」を。(問題中の文言に反応)
  3. 広くとらえ、全て挙げてから削っていく。
  4. 原則→例外 の順を肝に銘じて
  5. 措置→理由→あてはめ→留意点 の流れ
  6. 主・客・時・手
  7. 定義を書く(侵害とは?など)

≪論文試験の所感≫

  1. 上記の心掛ける事のうち、1と2はほぼできたが、それ意外は時間が足りず不十分。どれも最後まで書けたのは良かった。
  2. 全般に基本的な趣旨を書かせるものが多かった。
  3. 特実は、それほど複雑な事例でないと感じたが、なかなかうまくできなかった。初めての論文本試で、さすがの自分も緊張ぎみだったようだ。
  4. 意匠は、問題Ⅰの1行問題的なものに配点が50点もありびっくりした。各問題に45分づつ配分して解答したのは良かったかな。
  5. 商標は、「立体商標」づくめで、そこをマークしていなかった自分にはつらかったが、なんとかくらいついた。というか、「識別力」を多用してごまかした。
  6. 答案を回収するときにまわりの人の答案をチラ見したが、結構記載量が少ない(おもての途中で終わっている)人が多いようで、全問をそれなりに書ききるのは難しいのだろう。ということは、内容が不十分とはいえ、ある程度最後まで書いた自分にも合格の可能性がゼロではないかもしれない。
  7. あと、昨日少し寝付きが悪かったのと、今朝会場に余裕を持っていくために早起きしたので、睡眠不足ぎみで、意匠の頃(午後一)から少し眠かった。

≪全般の所感≫

  1. 短答だけでなく、論文も「暗記カード」は使える。KW(キーワード)、テンプレート、趣旨などなどなどに。
  2. 正林先生-納冨先生の方式は自分に合っており(これで合格できれば確実にそれが言えるのだが)、講座でやったことが本試に生かせている。
  3. やはり、各制度について趣旨からなにからキチンと把握しておくことが、合格には必要だ。今回は勉強不足だ。

これから、口述試験の勉強か、来年に向かって論文の勉強をするか、どうするか?

疲れがとれてから考えることにする。

|

« やっと短答の合格通知 | トップページ | 論文再現答案をお見せします »

5.成果10倍アウトプット」カテゴリの記事

コメント

論文試験お疲れさまでした。
私は渋谷の國學院大学で受けました。受験番号順の席だったのでまわりは名古屋でも見かけた人ばかりでした。今日は休みをとって自宅でぼーっとしてます、
意匠の一問目は、これはないよ〜って思いませんでしたか?自分で二つ選んで趣旨を書けですもんね。それはさておき、商標で完全にやらかしちゃったんで、今回はだめそうです。
来年は迷わずに自信をもって書けるようになりたいもんです。法改正なんで物ともせずにね!

投稿: おー | 2011年7月 4日 (月) 14時03分

昨日の論文試験、終わった後どっと疲れが出ました。前回でもこんなことはなかったのに・・・。

本当にお疲れ様でした。

やはりというか、短答試験終了後からの勉強では私にとって完全に時間足らずでした。

受験機関があの手この手で様々な予想問題らしきものを出しても、それをあざ笑うかのような完全にパターンをはずした問題でしたね。特に意匠、商標は・・・。

こんな年でも合格者は確実に出るわけですから、やはり真の実力者はいつの時代にもいるわけですね。

しばらく休んでから、青本の見直しでもします。

合格の可能性のある以上、口述にむけての学習は開始してくださいね。大健闘の結果が吉と出ますように。

P.S.関西特有の夏の暑さに驚かれていることでしょうね。半世紀以上、大阪の地にいる自分でさえ、うんざりしています。毎年のことですが・・・。

投稿: タケ | 2011年7月 4日 (月) 19時44分

おー さん、

名古屋から東京まで行っての受験お疲れさまでした。
意匠の一問目は、まず配点が50点(半分)もあるのにびっくりしましたね。問題自体も出題者が何を書かせたいのかが把握しにくかったですし。
商標でやらかしちゃったとのことですが、私も似たようなものです。私も来年は迷わずに自信をもって書けるようになりたいものです。


タケ さん、

本試では意表を突いた出題をしてくるものだと覚悟をしていても、問題をみてやはりびっくりしました。
おそらく合格できる人は、どんな問題がきても対応できるだけのものを身につけておくことができた人なのでしょうね。今回は短答を乗り越えて、初めてここまでこれただけでも良かったです。
ひとまず、来年に向けての論文の講座を何か始めようと考えて、試験会場で配られていた各学校のパンフをみています。論文向けの勉強をしていれば、運良く合格できたときにでも口述の勉強にすぐ移行できるかなぁと思ってです。
関西の暑さは学生時代から慣れていますので、なんとか乗り越えられるつもりですが、だんだん年もとってきたので少々心配です(笑)。

投稿: 桃次郎 | 2011年7月 7日 (木) 22時21分

TACの模範答案と比べてみました。意匠が大失敗でした。商標はコカコーラをちゃんと読んどくんだったなぁ?!
ところで私の場合、「試験ついでに自宅に帰る」なので、それで疲れるという事はないです。しかし、試験直後は肩がものすごくこってました。
國學院大学にはLECの納富先生が激励に来ていたらしいですが、見かけなかったなぁ、、、
さて、そろそろ勉強再開するかな。口述再現問題集でも読むか。

投稿: おー | 2011年7月 9日 (土) 09時10分

おー さん、

私も自分の結果を客観的にみるべく再現答案を作成してみましたが(次の記事に載せてみましたのでよろしければみてください。)、なかなか失敗が多いです。
コーラもヤクルトも飲んで、いや、読んでいませんでした。
論文か口述か、どちらの勉強をするか悩んでいましたが、口述の勉強をしようという風に思いだしています。

投稿: 桃次郎 | 2011年7月10日 (日) 14時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513728/52112395

この記事へのトラックバック一覧です: 論文試験受験:

« やっと短答の合格通知 | トップページ | 論文再現答案をお見せします »