« 論文試験不合格通知 | トップページ | 論文本試終わった »

2011年10月10日 (月)

3年振り返りと、凝縮論文対策講座を開始

来年の弁理士試験に向けての勉強を開始した。来年は1次試験である短答試験が免除になるので、2次試験の論文試験からだ。

これまでの受験の経緯を見直してみた。

≪これまでの経緯≫

  • 1年目(2009/H21) 短答31点(合格37)・・短答敗退
  • 2年目(2010/H22) 短答35点(合格39)・・短答敗退
  • 3年目(2011/H23) 短答39点(合格39)→短答合格→論文BCC・・論文で敗退
  • 次回 4年目(2012/H24) 短答免除 → 論文試験から

1年目から毎回「絶対に今年合格するぞ!」と言って自分なりに最大限の気合を入れてやってきたが、ここまできてしまった。

各年の勉強内容を振り返ってみると、下記のようであった。(このブログを見直してまとめた)

≪各年の勉強内容≫

  • 【1年目】 弁理士試験の概要を把握できたくらい(LEC1年パーフェクトを駆け足でこなすだけで精一杯)。マーキング法,マインドマップなど自分のやり方を少しづつ。部屋の整理(捨てる技術)と手帳での時間管理など環境整備も少しやり始めた。(勉強時間:約700時間?)
  • 【2年目】 人生戦略手帳で時間管理を進めた(毎日の勉強時間計測を開始)。この年から青本の読み込みと四法対照法文集への書き込みを実施。短答(LEC短答セレクト,逐条+横断etc)と論文(LECマスター講座)の基礎力がついた。(勉強時間750時間)
  • 【3年目】 さらに時間管理と絞り込みで勉強以外の時間を切り詰め(弁コンに参加)。本棚と部屋の整理も徹底した。暗記法をほぼ確立(ゴロ合わせ&単語カード法)し,短答知識強化と論文書き方訓練(正林&納冨メソッド)。途中で転勤により勉強中断あり。(勉強時間1000時間)

年々と勉強のノウハウを獲得し、自分なりのメソッドを編み出してきた。それでやっと、今年は短答に合格でき、論文で健闘できるところまできたということだな。

来年に向けては論文試験に集中して勉強する。

どんな勉強をするか? 

これが大問題でみなさん悩まれると思うが、私は「凝縮塾」の講座をやることにした。
論文試験では、とにかく時間が足りないので、書くことを「凝縮」するこの塾のやり方が自分に合うと考えてである。また他のゼミなども考えたが、大阪まで片道1時間半かかるので通学は時間効率が悪いと判断し、通信でできるところにした。

取った講座は「論文集中パック プレミアムコース」 \167,000 である。(紹介者割引:ここから\5000引き)

12月までこれを集中してやることにする。まずは「凝縮論文対策講座」だ。暗記ものがたくさんあるので、「図解暗記カード法」でこなしていきたい。

|

« 論文試験不合格通知 | トップページ | 論文本試終わった »

4.効率10倍インプット」カテゴリの記事

コメント

そうですか。いよいよですね、いよいよ。

私の方は古巣の代々木塾から久しぶりの論文スタートです。といっても、大阪にはもはや教室は存在せず、通信のみの受講となります。

平成23年法改正を考慮した答案構成講座と来年1月からの論文答練で、この2科目で約13万円でした。うーん、何だかなあと思いつつ、まあ背に腹はかえられないといったところでしょうか。さらにレベルアップして4月以降も答練はあるみたいなので、そちらも申し込んで、しっかりやりたいですね。

とにかく年内は基本事項のインプットと答案構成で終わりそうです。そして1月からは貯めに貯めた知識を一気に吐き出していくアウトプットですね。

こう考えると来年の論文試験は、あっというまにやってくるんじゃないでしょうか。

体調には十分注意して、お互いがんばっていきましょう。そして、たまーーーの息抜きも忘れないでくださいね。

P.S. 祝勝会いいですね。私もそれを心の糧にして、取り組んでいくぞ!!!

投稿: タケ | 2011年10月11日 (火) 20時50分

タケ さん、

ほんといよいよです。
タケさんは代々木塾の通信なんですね。どこにしろ講座はお金がかかますが、私も背に腹はかえられないと思いきりました。今回申し込んだものだけでなく、直前期には答練や模試を申し込むつもりなので、お金を工面しておかなければなりません。

私も年内は基本事項のインプットと答案の書き方の基本を身につけることに注力するつもりです。確かに来年の論文試験もあっという間にやってくると思いますので、緊張感をもって頑張りたいです。
勉強とたまの息抜きを組み込んだ、いい感じの生活のリズムを作ることが重要なのでしょうね。お互いに頑張っていきましょう。

祝勝会の参加者いちばんのり、ありがとうざいます!!

投稿: 桃次郎 | 2011年10月16日 (日) 18時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513728/52958671

この記事へのトラックバック一覧です: 3年振り返りと、凝縮論文対策講座を開始:

« 論文試験不合格通知 | トップページ | 論文本試終わった »