« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年9月29日 (土)

ガーン!論文試験結果通知_EBB

見た瞬間、声をあげて叫んでしまった。「えー、こんな悪いんか~」。

今日、平成24年度弁理士試験論文式筆記試験結果通知がきた。結果は「特実E、意匠B、商標B」。昨年が「BCC」だったので、昨年より悪いよな。ショック大きい。まだまだ合格には遠いことを実感。

↓その通知

H24

やはり、特許・実案が悪い。最初の問題の条文(184の12②)が判らず、時間がかかってしまい、ズルズルと時間不足のまま終わったものな(再現答案を参照)。ま、これが実力だな。

意匠と商標は、昨年のCから少し上がったが、Aではない。ということで、どの科目も合格点がなかった。不合格になって当然の実力しかなかった。

「白状します。私は弁理士試験をなめていました。」

桃次郎、どうするんだ? あきらめるのか? 

それとも、まだチャレンジするのか? この手ごわい相手にどう立ち向かうというのか? 道すらわかなない。

だが、前を向いて歩いていこう。 お前の人生はこれからだ! 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

勝間塾へ入塾

ひとつ新しいことを始める決心をした。 それは「勝間塾」への入塾だ。

以前から、「勝間和代の自分コーチング手帳」のサポートメールをとっているが、そこで、勝間塾が紹介されており、面白そうだと思っていたが、まずは第一目標の弁理士試験の合格に集中しよう、と参加(入塾)していなかった(当時のブログ記事)。

今回、今年の弁理士試験は論文試験で敗退し、どうしようかと思っていたところ、「サポートメールから『勝間塾』へのアップグレードキャンペーン」が実施中とのメールを受けとった。

初めは、来年の弁理士試験に向けて勉強に集中しないといけないので、それどころではないと思ったが、勉強のモチベーションの維持のためにも、この機会に勝間塾に入塾してもいいかなと思いついた。

とはいうものの、入塾には大きな不安があった。そこでその不安を「勝間コミュニティ」(勝間塾とサポートメールのメンバーのオンラインコミュニティ)でみなさんにぶつけた。すると温かい励ましやアドバイスをいただいたき、そのおかげで、入塾を決心することができた。

その中から得た勝間塾に入塾する理由は以下の通りだ。

≪勝間塾に入塾する理由≫

  1. ビジネス思考力を学び、弁理士試験合格後の活躍の基礎力を身につける。
  2. 勝間コミュニティの目標達成を目指す仲間たちと励ましあうことで、勉強のモチベーションを維持する。
  3. 弁理士試験の勉強ばかりだと精神的に辛いので、軽い息抜きの場として。

ただ、あまり勝間塾に時間をかけると、本来の弁理士試験の勉強時間が取れないので、そのバランスをうまくとっていくつもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年こその合格に向けて再チャレンジ!

論文試験不合格を受け、もう弁理士試験へのチャレンジを諦めようか、などという気持ちも湧きあがっていた。

なぜかというと、
自分の人生の目標を達成するために、まずは第一段階の弁理士試験への合格を達成しようと考えてのチャレンジ。それなのにまたも不合格、4回目の不合格。この4年間、自分なりに本当に精一杯やってきたのに。今年たそ自分の人生をかける、とまでいいながらやってきたのにこの結果だ。こんな状況では来年になっても合格できるかどうかわからない。第一段階でこんなにダブってしまっては、到底人生の目標を達成することはできない・・・と。

しかし、前の記事へ、このブログを読んでくれている方から、いろいろなコメントをいただき、励ましていただいたおかげで、自分の足りない点がわかり、なんとか来年こそは合格できそうな気がしてきた。みなさん、ありがとうざいます。

来年の弁理士試験の最終合格を目指してがんばることを決意したぞ!

この辛さを乗り越えて、来年こそは合格をかち取りたい。

勉強時間は、1000時間を確保することを目標に。
1000時間を確保するために、勉強することが楽しく感じられるように工夫していきたい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

論文試験不合格

弁理士試験の論文式筆記試験の合格発表を、今日のお昼に特許庁のサイトで確認したが、自分の受験番号はなかった。

不合格!

つらい。
この4年間、精一杯やってきたのに、今年もダメだった。

厳しい試験だなぁ。

これからどうしよう・・・

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

口述試験の勉強-過去問を四法対照へ

口述試験の勉強を進めている。

どんな事が聞かれるのかを把握するために、過去問(口述アドヴァンステキストに収録されている問題)について、それぞれ、どの条文についての質問か? どんなことを聞いてきたか? を「四法対照」のその条文の場所に記入する作業をしてきたが、今日までに終了した。

  • 口述試験で聞かれることは、ある程度きまった範囲の内容。
  • しかし、記憶すべきことは、条文、青本の趣旨等、膨大。
  • 短答試験のときに勉強した条文知識、論文試験のときに勉強した趣旨とキーワード、の両方をカバーし、さらに法体系全体の把握が必要

と感じる。

しかし仕事や家の用事でなかなか勉強時間もとれず、遅々たる進みだ。

今日は、前回やった『2012口述対策「はじめの一歩」(納冨講師:Web受講)』を、2倍速で受講し直し、勉強の方向性の確認をしつつやる気を引き締め直した。

また、「要点整理集」を購入した。前の記事へのコメントでアドバイスいただいていたので、東京出張の際に丸善で本書を手にとってみたらいい感じだったので買った。

この本は、口述試験に向けて記憶すべきことが、ポイントを押さえて記載されており、良さそうだ。

9月20日の論文試験の合格発表まで不安定感が続くが、そこまででどれだけ準備ができるかが勝負だろうから、頑張るぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年11月 »