6.生活習慣

2012年7月16日 (月)

論文勉強振り返り-その2_体調管理

論文勉強の振り返り-その2は、体調管理について。

今回の論文試験に向けての勉強できつかったのは、体調を維持しつつ勉強時間を捻出すること。体力とメンタル力の勝負。

今年の勉強期間の途中で、生まれてから今までなったことのなかった「肩こり」をするようになった。肩こりになると集中できない。少し無理をして勉強を重ねると疲れがたまりすぐ体調不良になる。

2月に体調不良となり気をつけたが、また4月に体調不良となり勉強時間が激減した。

そこで対応策は以下の通り。

  1. 早寝早起き (22時就寝目標、5時起床目標)
  2. 朝のストレッチとジョギング、10時15時にストレッチ
  3. 週3回のスポーツクラブ通い(筋トレとヨガ)
  4. 会社の仕事は早く終わらせる(5時半帰宅目標)
  5. 休日は勉強1時間毎に休憩とストレッチ
  6. これら毎日の体調管理を手帳に記録しチェック

ま、ひとことでいうと、「無理をしない」、ということだ。仕事も家のことも遊びも、やりたいことがたくさんあるなかで、やることを絞って大事なことに集中する、「選択と集中」。

これらの目標の達成率は6~8割程度だが、なんとかそれで論文本試験まで体調を維持することができ、本試験中も集中力を保てた。ぱっちしだ。

年齢的に20代30代の人とくらべて、40代ではこのような体調&メンタル管理が大事だ。今年になって特にこれを感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月30日 (土)

やっと復活

しばらく、勉強とこのブログを休んでいた。

読者の皆さんには心配をかけたが、安心してほしい。

桃次郎は元気だ。

転勤と、それに少し震災の影響があり、新たな生活の環境を整えることに注力していた。やっと環境が整ってきて、先週の日曜(24日)のLECの全国短答模試を手始めに、勉強も少しづつやりだしている。

模試の結果は散々(32点/60点、偏差値51)。不合格だった昨年のときの、同時期の模試と比べても劣っている。だめだこりゃ。

いやいや、この2ヶ月ほとんど勉強してなくてこの点なのだから、けっこういけるんとちゃうか、などと脳天気な自分がたのもしい。

なにはともあれ、なんとしても今年こそは合格を勝ち取るのだ。

あと残された時間を有意義に過ごしたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

転勤で勉強はひとまず休止状態

3月の辞令で、転勤することになった。

関東から関西へ。

引っ越し準備で、勉強はひとまずお休み。

これをいい機会として、身辺をすっきりきれいにして、心機一転やっていくつもり。

せっせと身の回りの片づけをやっている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

腰痛から回復

今年に入ってから今度は軽い腰痛になり、整体に通ったりして、いまでは回復した。

今年の冬は例年にも増して寒く、また年も重ねてきたからかもしれない。勉強で椅子に座っている時間が長かったのも効いているのだろうか。

またこのところ出張も多く、「弁コン」をみていただくと分かると思うが、1月から今までは勉強時間が短かった。一時は上位5位前後だったのが、いまでは30位とか。

受験願書の請求も始まっているし、いよいよ受験シーズンだ。

今日から3連休。勉強やるぞ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

新年

遅ればせながらではあるが今年初めての記事なので、
明けましておめでとうございます!

今年はなんとしても合格の年にしたい。

年末年始から今日まで、勉強を少しおいて家の用事や家族との時間を過ごしていた。充実したので、また今週末から勉強に集中する予定である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

痔かも

1ヶ月ぶりのブログ記事となった。

ブログを書く暇も惜しんで勉強していたからだ。

(勉強時間の記録は、弁コンのサイトで確認を)

毎日長時間勉強をするために机に向かってイスに座っていたからか、お尻の肛門付近が痛かゆくなっている。たまに排便のあとトイレットペーパーに赤いものがつく。

痔かもしれない。特に今年の夏は暑かったからお尻に過大な負担をかけたのかもしれない。

ボラギノールAを買ってきて塗ると、少しましになった。

試験勉強を頑張っている人には痔の人が多いかもしれないな、と思う。

全国のみなさん、ともに頑張りましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

朝4時起きその後

6月15日から朝4時起きを始め、1ヶ月余りが過ぎた。このあたりで少し振り返っておく。

4時起きは継続できている。

記録をみて数えてみると、43日間のうち、5日だけ飲み会の翌朝などでできてないのみ。
成功率は、 38/43=88% とまずまずだ。

睡眠時間を6時間にしたからかやはり昼間に少し眠けがくることがあり、できた朝の時間を勉強に集中するスケジュールもまだ十分に固まっていないものの、4時起きすること自体には慣れた。

身のまわりの整理整頓をし、朝4時起きをしはじめてから、自分の運勢が向上したような気がする。仕事や私生活でうまくいくことが起こっている。

その意味では、生活習慣の改善はうまくいっている。

これからも朝4時起きのメリットを大きくしていくよう、集中力が発揮できるような勉強スケジュール(時間割り)を組み立てていくなど、改善をしつづけていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

4月の振り返り

私が勉強の管理に活用している人生戦略手帳では、毎月の月末に「1ヶ月の振り返り」をします。サポートメールに励まされて、少し遅れましたが昨日4月の振り返りをしました。
2010年1Qの振り返りはこちら

≪4月のTo Do≫

  1. 勉強を面白がる理論を
  2. ブログを楽しくたくさん見てもらえるように
  3. 自分のキャラ設定を探る

1,2は、少しはおもしろくできたので、○
3は、まだまだで、△

≪4月のNot To Do≫

  1. 人に期待する気持ち
  2. 自分の能力への過信

1は、まずまずてきたので、○
2は、○△か

ただ、これだけでは評価基準が曖昧です。

1月に勝間和代さんの「やればできる」スタートアップセミナーに参加したときに、「どうやったら目標が達成できますか?」と質問したら、「数値で管理すること」とのアドバイスをいただきました。なので、それ以来なるべく目標を数値で管理するようにしています。

4月が始まるときに下記のような数値目標を設定しました。

≪4月のTo Doの数値目標≫

  1. 4/24の全国短答公開模試第1回 35点以上
    (40点以上で◎)
  2. ブログ訪問者 平均100人/日
    (200件/日で◎)
  3. 自分なりの記事をプログにアップ 週2回以上
    (週3回以上で◎)

≪4月のTo Doの数値目標の評価≫

  1. 35点 → 達成率100%!
  2. 最終週 平均86人/日 →達成率86%
  3. 週2.3回 → 達成率100%!

どれも◎には及びませんでしたが、まずまずです。

2のブログ訪問者人数は達成できませんでしたが、無理にここを追う必要もないと考えています。 今後も、なるべくみなさんに興味をもっていただけるようなおもしろい記事を心がけます。

5月の目標は下記のように立てました。

≪5月のTo Doの数値目標≫

  1. 弁理士試験短答試験の本番 40点
  2. 自分なりの記事をプログにアップ 3日に1回以上

では、これでやっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

人生戦略手帳で1Qの振り返り=数値で評価する

「勝間和代の人生戦略手帳」の勝間和代さんからのサポートメールでお尻をたたいていただいたので、1Q(第1四半期 = 1~3月)の振り返りをしました。

≪手帳に書いていた2010年1Qの目標≫

  1. 親指シフト  ローマ字入力の速度を抜く
  2. 弁理士勉強 論文=基礎力完成,短答=実戦答練と過去問一通り
  3. うける技術  会話のときは常にでるように

≪目標の達成度≫

  1. 親指シフト入力速度測定 44文字/分 ・・達成率44/55=80%
  2. 論文=OK  短答=実戦答練=OK 過去問50%くらい
  3. うける技術 70%くらい

達成率は、トータルで、75%くらいでしょうか。

こうやって、目標を「数値」で決めて、そしてその達成度も「数値」で評価することがとても重要とのことですので、これでOKです!

これを元に2Qの目標と行動計画を修正して、今日からそれを達成するように行動していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

資格試験への挑戦とフィットネスクラブ通いの関係

今日は、フィットネスクラブで、マシントレーニング(筋トレ)とビランクスヨーガをやってきました。マシンで筋肉をある程度追い込んだあと、ビランクスヨーガでリラックスしていろいろなアーサナ(ポーズ)をとっていくのは、とてもいい気持ちです。

このビランクスヨーガ(コナミスポーツクラブのページ参照)は、ヨガのなかでも結構きついほうではないでしょうか。初めての人には絶対にできないようなとんでもないポーズがでてきます。「しばられたつるのポーズ」とか。でも続けてやっていると、徐々にできるようになってきて、今ではこのくらいの負荷がちょうど心地良いくらいです。

ここ数月は、週2~3回のフィットネスクラブ通いを続けています。12月に新しいヨガウエアを買ってから、より一層気合がはいってできています。それと、毎朝のジョギングもやりつづけています。

仕事をしながら資格試験を目指して勉強するときに、フィットネスクラブ通いはとてもいいことだと感じます。それを下にまとめてみました。

≪資格試験への挑戦のときにフィットネスクラブ通いをする5大メリット≫

  1. 体力と精神力が鍛えられる
  2. 直観力・集中力が高まる
  3. 気分転換になる
  4. 規則正しい生活のリズムができる
  5. 仕事以外の人間関係ができる

以下順に説明します。

1 体力と精神力が鍛えられる

資格試験に合格するには、仕事が終わってからや休日にこつこつと勉強を続けなければなりませんし、試験の本番には何時間も問題に集中して取り組めるの、体力と精神力が必要です。これが、フィットネスクラブで鍛えられます。特にマシントレーニング(筋トレ)では、限界に近いウエイトをかけてやっていくので精神面も鍛えられます。

2 直観力・集中力が高まる

ヨガでは、自分の身体と向き合って、呼吸と動きを融合させたアーサナ(ポーズ)をとりバランスを整えていきますので、直観力や集中力が高まります。また、筋トレでも、直観力や集中力も高められるそうです。
仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書) 参照)(以前の記事

資格試験において、直観力・集中力があれば優位なことはいうまでもないことでしょう。

3 気分転換になる

仕事や勉強で疲れても、マシントレーニングやヨガをやれば、スッキリしてまた頑張れます。日曜日には、午前中に勉強して疲れるので、午後からフィットネスクラブに行き、帰ってきてからまた勉強をすることにしていますが、ととても集中してできます。

4 規則正しい生活のリズムができる

フィットネスクラブでは、ビランクスヨーガなどのプログラムは曜日と時間が決まっているので、それに合わせて毎週決まった予定でいくことにしています。そうすると、一週間のペースが決まり、毎朝のジョギングと合わせて、規則正しい生活のリズムができています。
そのなかに、勉強の予定を組み込んでおけば、自然によいペースで勉強できます。

5 仕事以外の人間関係ができる

決まった曜日の決まったプログラムに参加していると、少しずつ挨拶をかわしたり話をする人ができてきました。なにげない会話だけなのですが、仕事の決まった人以外の人と話ができるのは楽しいことです。勉強を続けていくのは、けっこう孤独な作業なので、そういうなにげない会話で心がなごみます。


以上のように、『資格試験への挑戦とフィットネスクラブ通いの関係』は、とてもいい関係なので、資格試験に挑戦する方には、ぜひフィットネスクラブ通いをすることをおすすめします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)